IN2FAB
スクリーンショット 2017-05-16 15.13.16.png

​OSIRIS テストベンチ・ポーティング

回路図またはレイアウトが新しいプロセスにポーティングされると、シミュレータを呼び出して新しいテクノロジで回路の機能と性能をテストできます。 シミュレータが正しいモデルとコンポーネント情報を呼び出すためには、ソースのテクノロジのテストベンチデータも新しいデザインキットに合わせて変換する必要があります。 IN2FABのアナログ設計環境(ADE)ポーティング・ツールは、テスト対象回路の回路図とステート・ファイルの両方の情報を変換して、シミュレーション用に準備します。 対話型のツールは、設計者が回路の最適なオプション選択を助け、直観的なユーザインタフェースにて、ソースデータよりモデル情報を表示した操作が可能です。

OSIRIS ADEポーティング・ソフトウエアは、回路図ポーティングに新しいレベルの機能をもたらし、物理層およびモデルベースのテストベンチ情報を新しいプロセスにポーティングすることにより、新しいファウンドリまたはプロセスで設計を迅速にシミュレーションを可能にします。

OSIRIS ADEツールは、IN2FABの物理層のポーティング・ソフトウェアと統合することも、ソースからターゲットプロセスにステート・ファイルをマッピングするためのスタンドアロンプロセスとして呼び出すこともできます。 GUIにて新しいPDKからファイル名とモデル名を選択して、変換を効率的に行えます。

モデルファイルとマッピング

ステート・ファイルは新しいプロセスに変換され、シミュレーション可能な、新しいプロセスの要件に合わせて更新されます。 デフォルトのモデルは、シミュレーションパラメータ選択は、GUIにて合理化的に単純化してシミュレーションパラメータと一致するように呼び出すことができます。

シミュレーション及びテストの統合

OSIRISは、Spectre™シミュレータおよびCadence Analog Design Environmentと統合されており、標準設計、多種多様なシミュレーション環境、検証ソフトウエアと完全に互換性があります。

OSIRISとCadenceのADEを組み合わせることで、設計者は幅広いプロセスやファウンダリで設計を迅速に移行、解析、検証することができます。 コーナー解析と統計解析を含む完全なシミュレーションにより、複雑な回路を簡単に処理してテストすることも可能です。

ハイレベルのADEは、最適な設計センタリングとパフォーマンスのためにコンポーネント・サイズを調整し、完全移行された回路図をを再設計における時間のほんの一部で可能にします。

IN2FABの回路図とADEの統合されたポーティングは、手頃な価格で最小限のオーバーヘッドで迅速なIP移植とシミュレーションを実現します。 エンジニアは新しいプロセスで回路をシミュレートしてパフォーマンスを評価できます。

 

OSIRISソフトウェアは、アナログおよびミックスドシグナル回路のための強力で有能な設計のポーティングを提供します。

​Eメール:info@TokyoNF.com

​電話:070-1360-8586

  • Twitter
  • LinkedIn Social Icon
  • Facebook
  • YouTube

© 2017 by TokyoNaoNarm