IN2FAB
スクリーンショット 2017-05-16 15.13.16.png

​OSIRIS レイアウト・ポーティング

ファウンドリとプロセスの間でアナログおよびミックスドシグナルレイアウトのポーティングは複雑なプロセスであり、コンポーネント設計の変更と新しいデザインルールを考慮する必要があります。 IN2FABのOSIRISレイアウト・ポーティング・ソフトウエアは、ソースの重要なトポロジとハイアラキーを維持し、数百の回路を新しいテクノロジにポーティングをした実績があります。 PDKを利用してファウンドリで生成された回路エレメントを配置し、必要に応じてコンポーネントと内部結線を微調整します。

OSIRISレイアウト・ポーティング・ソフトウエアは、プロセスとファウンドリ間で回路要素を変換する複雑さを単純化し、対話型ツールにより各回路の要素を識別して、ソースと移行先の設計キットの変換プロセスを提供します。

形状を表すデータは調整されて新しい層に変換され、パラメータ化されたセルや他の複雑・高度な回路エレメントは変換されて新しい回路に配置されます。 これにより、新しい設計キットからコンポーネントを直接配置し、新しい設計環境と検証ツールとの互換性が維持されます。

ポーティング工程はレイアウトエディタ内でインタラクティブに行われるため、技術者はいつでも設計を調整・変更ができます。 コントロールおよび処理オプションを選択することにより、ポーティング・プロセスをユーザーがコントロールし、設計ハイアラキーのセクションを変換することもできます。

コンポーネントマッピング

OSIRISはすべての回路エレメントをポーティングし、等価のオブジェクトを新しいデータベースに配置します。 パラメータ化されたセルは新しいデザインキットの等価デバイスタイプにマッピングされ、コンポーネントの配置が最適な位置に調整されながらプロパティが変換および調整されます。 形状、ビア、ガードリングなどの他のすべての回路要素は新しいレイヤに変換され、新しいプロセスルールの要件に合うように調整されます。

インタラクティブで直感的なユーザーインターフェースは、元の回路を検索してコアコンポーネントを識別し、ユーザーがそれらを新しい設計要件に変換する手助けをします。 物理的特性は直接マッピングすることも、あるいはコンポーネント構成間のコアの違いを解決し、ソースから互換性のあるレイアウトを生成するためにさらに処理することもできます。

機能と特徴

OSIRISレイアウト・ポーティングは、最も複雑なマッピング問題を解決し、新しいデザインルールを満たしながらソースの回路と一致するレイアウトを生成するための多数の機能を備えています。

 

OSIRISはオリジナルと同じ回路エレメントを含む編集可能なデータベースを生成します。 ユーザーは編集ツールを使用してデータ変換をコントロールし、レイアウトを調整して回路をさらに強化することができます。 移行された回線を構成するトポロジ、ハイアラキー、およびコンポーネントがソースデータと一致し、制限なくそれをさらに編集できます。

配置と接続

ソースとターゲットデザインルールの違いにより、配置と相互接続を調整して、それらを維持する必要があります。コンタクトサイズやゲート間隔などのルールの変更は、重なり合うセルや配線形状からコンポーネントが分離されたりあします。

OSIRISは、回路内のコンポーネントの位置合わせを認識し、ポーティングによる回路内配置と配線を微調整して、デバイスの位置合わせと再接続を行います。 コンタクトのオーバーラップまたはワイヤとポリゴンの相互接続による接続は、重要なデバイスのアライメントとマッチングを維持するために自動的に再検出されます。

ポーティング後の調整

OSIRISは、ユーザーが回路レイアウトを更新し、重要なルールやレイアウト要件を解決することを可能にする対話型レイアウト調整ツールを多数備えています。

形状とレイヤーは、単一回路上またはデザイン・ハイアラキーにて、新しいDRCルールを満たすように調整できます。 対話式の回路変更もレイアウトエディタを使いて行い、最終的なデザインルールの問題を解決することができます。

IN2FABのデザインキットベースのOSIRISソフトウェアを使用すると、ファウンドリとプロセス間でレイアウトデータをポーティングするという複雑な問題に対処できます。 対話型の操作により、設計者は複雑な問題に集中し、納品に合わせてアナログおよびミックスドシグナルレイアウトの調整と最適化が可能です。

​Eメール:info@TokyoNF.com

​電話:070-1360-8586

  • Twitter
  • LinkedIn Social Icon
  • Facebook
  • YouTube

© 2017 by TokyoNaoNarm