IN2FAB
スクリーンショット 2017-05-16 15.13.16.png

​OSIRIS 回路図ポーティング

迅速かつ効率的な回路図の移行は、フルチップおよびIPコアのターゲットプロセスを評価するための不可欠なツールです。 新しいPDKのコンポーネントを使用して移行された回路をシミュレーションを行い、新しいプロセスでの性能を評価することは、馴染みのないプロセスで新規顧客にアナログコアをライセンスする必要があるIP企業にとって極めて重要となります。

OSIRISのマッピング、配置、および再配線機能は、単純なコンポーネント・スワッパの機能をはるかに超えています。 インタラクティブGUIは、ソースデザインの回路シンボルを見つけ、ターゲットシンボルへのピンとパラメータのマッピングをガイドし、スタンダードセルなどのリファレンスライブラリは、新しいファウンドリのバージョンで置き換えることができます。

セルの原点、シンボルサイズ、ピンの違いなどのPDK間の物理的な違いは自動的に解決されます。 再配線ツールを使用すると、新しいピンを追加して指定されたネットに接続することができますが、削除されたピンからの配線は回路から除去されます。 コンポーネントのチェックと再配線により、完全な回路階層が1回のパスで移行されます。

ソースPDKとターゲットPDK間のプロパティ変換の複雑さは、ユーザーがタイプ間で変換する必要なく自動的に処理されます。 オプションの再計算を呼び出して、物理的なパラメータを調整してパッシブな値を保持することができます。

ピンとパラメータのマッピング

PDK間でピンとパラメータをマッピングする作業は、OSIRISのグラフィカルインタフェースによって大幅に簡素化されます。 元のPDKと新しいPDKからの情報が識別され、明確なフォーマットでユーザーに提示され、容易にマッピング及び変換が行えます。 これらの値設定はは、必要に応じて単純なスケーリングから複雑な関係性を必要するにもにも変更できます。

シンボルサイズとピンの位置が異なる場合においても、確実な接続を保つべく、移行プロセスの一環としてピンが自動的に再ルーティングされます。

プロパティー・タイプは、マイグレーション処理時に自動的変換され、パラメーターが新しいPDKの要件と完全に一致することを保証します。 高度なパラメータ割り当てとコールバックトリガ機能により、コアパラメータと追加シミュレーションやレイアウトの制約に対して、最も複雑なコンポーネントでも変換を可能にします。

​機能と特徴

OSIRIS SMTは、市場で最も強力で多目的な回路図マイグレーション・ツールとなる多くの機能を備えています。 インタラクティブなコンポーネントマッピングから自動再配線および短いロケーションまで、OSIRISツールは、IDMとカスタムファウンドリのPDK間で最も複雑な設計を移行することができます。

階層パラメータやネットリスト・プロパティなどのCadenceデータベースの先進な機能は完全に保持され、元のデザインの全ての機能を含んだ完全に移行された回路図を提供します。

インタラクティブな回路図の比較

回路図マイグレーションの目的に沿って移行された回路図が回路の完全性を維持していることを確認することは重要です。 OSIRISには、ターゲット回路の配置、接続性、およびパラメータをチェックして、元の回路と一致することを確認する専用の移行比較ツールがあります。

回路図の比較は、LVSツールとは異なり、コンポーネント名、パラメータタイプ、および値の違いを考慮して、古い回路と新しい回路の不一致を即座に識別します。 最大/最小サイズ違反やコンポーネント混雑などの問題は、簡単な識別と解決のために回路図エディタ内でレポートされ、強調表示されます。

高速かつ階層的な移行

OSIRISの移行では、単一セル、定義された階層、またはデザイン全体を単一パスで処理できます。リファレンスライブラリをフローにマッピングして、新しいプロセスのシンボルと標準セルを使用するためにデザイン全体がudpatedされるようにすることができます。


ケーリング及びグリッド強制

新しいPDKには、大きなシンボルや異なるデータベース・ユニットがあり、移行プロセス中に解決しなければならないことがあります。 OSIRISは、移行中にユーザー定義のスケールとグリッド要素を追加して、新しいPDKの制約を適用することができます。

 


自動シンボルオフセット

OSIRISはソースシンボルとターゲットシンボルの間のオフセットを自動的に認識し、シンボルの位置を回路配線と正しく位置合わせするように調整します。プリミティブコンポーネントとスタンダードセルライブラリ間のオフセットは、ユーザの計算を必要とせずに解決されます。潜在的に何百もあるコンポーネントのオフセット情報を入力する手間を節約します。

 


自動ピン再配線

PDK間のシンボルサイズとピン位置の変化は、シンボルピンが配線に整合されていないことを意味します。これは、移行プロセス中に検出され、古いシンボルと新しいシンボルのサイズに大きな違いがある場合や、シンボル内でピンが移動した場合でも、配線が再接続されます。

 


短絡場所の再配線

新しいコンポーネントの追加されたピンは、既存の配線に短絡接続される可能性があり、回路の機能にダメージをあたえます。 OSIRISは、移行プロセス中にこれらの短絡している所を見つけ出し、それらの周りのワイヤを自動的に配線しなおします。

 


冗長配線の削除

新しいシンボルは元のPDKよりも少ないピン数である可能性もあり、新しい回路図では未接続の配線になり問題となります。 OSIRISは、マイグレーションプロセスの一環として冗長配線を見つけ出して取り外し、回路図にオープンワイヤーの警告をします。

 


フローのカスタマイズ

OSIRISでは、Cadenceツールセット内でSkill™プログラミング言語を使用してフルにフローのカスタマイズが可能です。オプションの拡張ルーチンを使用すると、ユーザは複雑な回路要素を管理したり、特別な要件に適応するために、マイグレーション・フローを微調整できます。

OSIRIS拡張ルーチンは、マイグレーション・プロセスの一部として自動的に呼び出され、回路階層を1回のパスで移行できます。

IPコア、フルチップにかかわらず、IN2FABのOSIRIS技術は既存のアナログ・ミックスド・シグナルIPを再設計に必要な時間にたいして、ほんのわずかな時間・コストで迅速なポーティングを可能にいたします。

​Eメール:info@TokyoNF.com

​電話:070-1360-8586

  • Twitter
  • LinkedIn Social Icon
  • Facebook
  • YouTube

© 2017 by TokyoNaoNarm