Oski
東京ナノファーム

会社概要

Oski独自のフォーマル検証サービスは、最も複雑なコーナーケースのバグを突き止めるために、設計を深く掘り下げることによって、開発サイクルの早い段階でピークサインオフの信頼性を実現します。

Oskiのアプローチは徹底的にバグがないことを検証するフォーマル検証アプローチは、今までのシミュレーションと比較し、より高い生産性をもたらします。

2005年以来、Oskiはリスクの高いブロックの認識とサインオフ、システムレベルのアーキテクチャのサインオフ、およびポストシリコンのバグの迅速な解決のための包括的なフォーマル検証のメソドロジーの開発に注力してきました。

Oskiは、世界最大のフォーマル検証のエキスパートを育て、創設者であり、OskiのチーフであるVigyan Singhalは、カリフォルニア大学バークレー校でフォーマル検証のメソドロジーで博士論文を出しています。 VigyanはCadenceの第一世代のフォーマル検証ツールを開発し、さらに後にCadenceに買収されたJasper Design Automationの創設者です。

本社はカリフォルニア州サンノゼにあり、デザインセンターはインドのグルグラムにあります。

本社

Accelerate Services

​Powered By Accelerate Services

© 2017 by TokyoNaoNarm 

​Eメール:info@TokyoNF.com

​電話:090-4748-1652

  • Twitter
  • LinkedIn Social Icon
  • Facebook
  • YouTube